HELLSINGを全卷揃えた

友人に奬められ、HELLSING一卷を讀んだのは二月程前だろうか。一讀で氣に入り、それから須臾の間はずっとHELLSINGの事を氣に掛けていたが、單行本を買わずに、又、二卷以降も讀まずに居た。然し乍ら、私は毎日の樣に書店に赴く。書店の新刊が置かれて居る處は否應無しに見させられる。HELLSING八卷は少し前からそこに置かれて居る。これでは彌が上にも氣に掛ってしまう。気附けば八卷を購入して居た。何うにも斯うにも、私は辛抱が少々足らぬ樣だ。そして、隨分と變則的な順で既刊を購入して行き、総ての卷を揃えられた。斯う變則的に卷を揃える事は屡々して居るのだが、今囘は常よりも遙かに早く揃えられた。

九卷は何時頃に發賣されるのだろうか。八卷が發賣された許りなので、當分先であるのは慥かだが、今から樂みで、樂みで仕方が無い。

2006-08-14T12:45:20+09:00